MENU

限度額はどうやって決められる?

キャッシングを利用する場合、借り入れが出来る金額には上限があります。これを限度額と呼び、キャッシング会社が審査により、その人に貸すことが出来る上限金額として設定するものです。

 

限度額は借り入れを行っている人の信用によって上下するものです。申し込み時の審査では、他社からの借り入れの件数や借り入れ総額、またクレジットカードの利用記録や携帯電話料金の支払いなどを確認し、きちんと支払いが行われているのかといった情報により、設定される限度額が変わります。

 

利用を始めてからも、そのキャッシング会社からの借り入れをきちんと返済しているのかはもちろん、この間に他社への返済が滞ってないか等のチェックも行われています。これによって利用中でも限度額を下げられてしまうケースもあります。また逆に、限度額が増額されることもあります。

 

返済にお役立ち!無利息期間のあるキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

限度額を増額するには?

限度額の設定には、以下が大切な要素になっています。

 

収入、勤務先の情報

現在では総量規制により、最大でも年収の1/3までの貸し付けしか行えませんので、収入はきちんとチェックします。またその職場に本当に在籍しているのかといった在籍確認も行います。

 

加入している保険の種類

会社員の場合、社会保険に加入している場合が多いので、国民健康保険を利用しているよりそちらに加入している方が審査が優遇されます。これはその職場からきちんと収入を得ているという証拠になる為です。

 

現住所の証明

申し込みの際に記載された住所に本当に住んでいるのかの確認です。実際にそこまで来ることはありませんが、身分証明書以外に住民票などによりそれを証明することで、キャッシング会社も安心して貸し付けを行うことが出来ます。

 

融資目的

借り入れた金額を何の為に使用するのかです。これは自己申告になりますが、特定の目的を記載することで余計な詮索を受ける可能性が無くなり、融資もスムーズに行われるようになります。無難なところでは、何かを買う為といった理由がよく使われます。間違ってもギャンブルの為などとは記載しないようにしてください。本来降りる融資も降りなくなります。これらに問題がなく、きちんと返済をしていると増額の申し込みという案内がキャッシング会社より来ることがあります。これにより限度額の増減が可能になります。

消費者金融のキャッシングはいくらまで借りられる?限度額のまとめ | キャッシングFANより

 

申し込み時は出来るだけ少額で

新規契約の際に高額の限度額での申し込みをしてくる人に対しては、審査も厳しくなります。少額にすることで審査も通りやすくなりますし、また利用状況によっては限度額の増額もありますので、本当に必要な額だけにしておいた方がいいでしょう。

 

逆に自分が希望した額より高い限度額が設定されることがありますが、これはその人にそこまでの信用があると判断されてのことなので、何も問題はありません。

初キャッシングでいきなり30万円は借りられる?

30万円の融資が今すぐ必要になった時、キャッシングで借りる事はできるでしょうか。銀行か消費者金融のどちらで借りるかによっても審査の内容に差がありますが、30万円であれば比較的借りやすい金額といえるでしょう。

 

即日30万円借りるには

最初に申告する希望限度額は低い方が審査には有利で、10万円程度の額であれば収入の少ない人でも融資は受けやすいでしょう。

 

限度額が上がれば上がるほど、それに見合った返済能力が必要になりますので、審査にはその分より慎重になってきます。それでも20歳以上で安定した収入さえあれば審査を受ける資格はありますし、正社員でなくても大丈夫です。

 

消費者金融にはルールがある

消費者金融の場合は年収の3分の1まで融資ができるというルールがあるので、30万円借りたいのであれば90万円の年収があればいいという事になります。この額であれば正社員で働いている人であればクリアしている額ですし、パートやアルバイト収入の人でも十分あり得る金額となっているのでそれほど難しい金額ではないでしょう。

 

年収の他には勤続年数や他社からの借り入れの有無なども関係してくるので、年収だけで全てを判断する事はできませんが、50万円を超える融資でなければ収入証明書の提出なしでキャッシングができるので問題が特になければ審査もそれほど心配しなくていいかもしれません。

 

個人事業主は収入証明書が必須

消費者金融であっても個人事業主だと審査も普通の会社員よりやや厳しくなり、収入証明書として確定申告書の写しは必ず出さなければならず、同じ収入でも給与所得の方と事業所得の方では結果が変わってくる事はあり得ます。

 

専業主婦でも30万円借りられる

個人の収入が無い専業主婦でも30万円までなら融資を受ける事ができます。ただし、専業主婦の場合は消費者金融を利用する事ができないので、銀行カードローンのみの受け付けとなります。しかも30万円までなら配偶者の同意も収入証明もなしでキャッシングをする事ができるので、特に夫に許可を得る必要もなく申し込み手続きができます。

 

専業主婦の場合は配偶者の収入の有無で融資を受けるのですが、いくら配偶者に多額の収入があったとしても限度額はほとんどの銀行が30万円までとなっていて、多くても50万円となっています。審査で調査されるのも契約者である専業主婦本人に関する事で、配偶者について調べられるという事はありませんが、契約者本人が過去に金融事故を起こしていて信用情報に傷があるという事であればいくら夫に問題がなくても当然審査には通りません。

 

学生でも借りられる

学生でも成人していてアルバイト収入等があれば消費者金融のキャッシングを他の社会人と同様に利用する事は可能です。ただ学生という立場は信用面での不安要素にもなるのであまり多額の融資を受ける事は期待できないでしょう。

 

ほとんどのケースで10万円が限度である事が多いようです。もちろんかなりの額をアルバイトで稼いでいる事を証明できて、信用を得る事ができるのであればそれ以上の融資をうけられる事もあるでしょう。学生ローンとうものもあって、学費のためなど目的がある場合には10万円に限らずもっと多くの融資を受ける事ができる場合もありますが、親についての情報や同意書が必要となるかもしれませんので、事前によく相談してみましょう。

 

初めての審査

キャッシングの審査はそれほど厳しくないとはいえ落ちる時は落ちます。そこには必ず理由があって、色々調べた結果希望する額に対しての返済能力がないと判断されたからという事になります。初めて融資の審査を受けるという人は、過去の借金がないわけですから延滞などの事故も起こした事がないと思いますが、これが審査に有利かといえば必ずしもそうとは限らないのです。

 

過去や現在の借金があっても、年収に対して返済するだけの余裕がまだあればそこはあまり問題にはならず、むしろそれまできちんと返済をしてきたという記録が残っているのであれば、それは信用を上げる事にもなって審査には有利に働く事もあります。

 

そのような経験のない初めての借金をするという時の審査だと、まだその人がどんな風に返済をするのかがよくわからないので、いきなり高額のお金を貸すのではなくて少しずつにして様子を見ようという事になります。もちろん年収が300万円とか500万円などの額があるなら30万円から50万円ぐらいの融資を受けるのはわりと簡単かもしれませんが、年収が100万円を下回るようであればいきなり多くの金額を貸してもらうのは厳しいかもしれません。

 

初めてのキャッシングは何かと不安があるかもしれませんが、それぞれの金融機関に問い合わせれば不明点や不安点についても相談できますので利用してみてください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日
更新履歴