MENU

消費者金融の即日融資サービスの魅力

金融業者に借金申し込みを行う時には、申し込みを行ってすぐにお金を借りたいという切羽詰った状況の方も居ます。そういう場合に有効な即日融資サービスでは、銀行カードローンより消費者金融が向いており、消費者金融は審査の柔軟性と速度に拘りがあり「最短30分」で審査完結出来る可能性があるものです。

 

銀行カードローンの場合は最短で即日という表記ですが、銀行は低金利な利点がある反面審査が慎重で対応も遅く、即日融資を受ける時には向いていない面が多いと言えます。もちろん最近の銀行の中には、三菱東京UFJ銀行バンクイックのように最短30分対応を行う所もありますが、一般的には消費者金融で審査依頼した方が即日融資に成功する可能性が高いです。

 

最短審査で借入れするならココ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

審査の迅速さと通過率の重要性とは

いくら即日融資の対応速度が早いと言っても、審査自体に通らないと利用出来ないですから、審査の迅速さと通過率のバランスは重要になります。

 

銀行と消費者金融では審査の難度には違いがあり、銀行で通らなくても消費者金融なら通るというパターンは多いです。銀行に申し込みを行って審査落ちし、さらに消費者金融に申し込みに行った時には審査が通っても即日融資対応の制限時間が終わっていると、翌日からの利用という事になります。

 

各業者の審査通過出来る確率について

消費者金融は審査通過率が40から45%程度、銀行カードローンは20から30%程度と数値が算出されており、これは業界紙で毎月公表されるものになっています。業界紙の月間消費者信用は株式会社きんざいが発行する信用性の高いデーターであり、審査通過の確率が業者選択で違う事が明確に解り、即日融資を希望する方が最も大切な事は申し込み当日中の借金が出来るかどうかですから、審査落ちは避けて申し込みが有効です。

 

即日審査対応の時間制限に注意

各業者によって即日審査を受け付けている時間制限があり、多くの業者では制限設定を設けている所が多く、これは事前確認して審査に挑む事が必要です。曜日も重要な要素であり、平日だけではなく土日や祝日受け付け可能かどうかも知っておく事が必要になります。審査クリア出来ても翌日からの利用となれば、即日依頼しても希望を満たせなくなりますから、時間に関しては注目する事です。

 

金融業者の審査回答時間について

消費者金融の場合は平日でも土日や祝日でも20時辺りまで当日審査の受け付けが可能であり、当日中の審査回答時間は21時までとなっていますが、振り込みキャッシング等の入金手続きはもっと早く設定されている所がありますから、この辺りの時間制限は重要です。銀行カードローンの場合は15時辺りで締め切り時間が来る所が多く、こうした受け付け時間を含めても消費者金融の方が即日融資に対して柔軟性が高い部分でもあります。

 

即日審査対応時間が長い銀行について

全ての銀行が即日審査対応時間が短いわけではなく、例として三井住友銀行の場合は消費者金融と同様の条件で当日審査や回答を受け付けています。平日20時で土曜日と祝日は18時、日曜日が18時という形で三菱東京UFJ銀行は当日審査に対応しており、大手銀行の中には時間的な融通が利く営業をしている所も多く、利便性の高さも大きな魅力になっているものです。ただし、大手銀行は審査が慎重ですから、審査速度は消費者金融のように迅速対応されないですし、低金利条件で即日融資を受けるには、それだけの返済能力を備えていたり、社会的な信用が必要になります。

 

在籍確認無しで消費者金融の即日融資利用は重要

即日融資を成功させるには、在籍確認回避を行う事が有効であり、業者の中には審査時に必須と言われる勤務先への電話連絡や自宅への郵送物が無い形で進めていける所もあります。これが重要な理由としては、在籍確認が出来ないが為に即日融資を受ける事が出来なかったという例が多く、例えば会社の休みの日に借金申し込みを行って、その時に在籍確認を金融業者が出来ない場合は審査見送りという事にもなります。

 

職場が休日だったり少人数規模の職場で電話対応出来ない場合等も、金融業者が確認を取れず審査結果を出す事が出来ないと言う事です。ですから在籍確認無しの業者を選んで、即日融資申し込みは有効で、借入出来る可能性が高くなります。

 

在籍確認の回避を銀行カードローンでは出来ない

在籍確認の回避は銀行カードローンでは原則として出来なくなっており、例外的に行なえる所もあっても条件が厳しいですから、在籍確認無しで審査を進めていきたくても希望に沿えない可能性が高いです。

 

在籍確認無しのサービスを受ける方法とは

全ての消費者金融で在籍確認無しでサービスを受ける事が出来るわけではなく、アイフルやノーローンでは在籍確認は必須であり、アコムやプロミス、モビットは在籍確認無しに対応しています。もちろん条件設定があり、モビットとプロミスならば勤務先が記載された保険証や給料明細の提出が必要であり、アコムの場合は電話連絡無しの審査では確認が取れるまで10万円以下という限度枠設定になります。こうした条件を知った上で即日融資の申し込みを行う事が望ましいです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日