MENU

他社に借り入れがあると信用されない

キャッシングを利用したい場合、審査に通過できるかどうかで借り入れができるかが決まります。普段の収入が多い人は、返してもらいやすいでしょうから借りやすいですし、収入が少なければ難しくなります。

 

そして、すでに借り入れがある場合は、借り入れがない人よりも返してもらいにくくなるということがあるので、審査には通りにくくなります。ただし、借り入れがあっても、それを非常に順調に返せている場合はむしろ良い働きになる場合もあります。こうした返済でプラスになる点数をクレジットスコアといい、借り入れの審査に影響を及ぼします。

 

借り入れがあっても有利な場合はどんな形?

借り入れがあって、それがあっさり返せているという記録があると、ああ、この人はこの額を返せる人なんだな、と思ってもらえます。

 

ですからたとえば50万円借りて順調に返した結果がある人は、いま30万円借りていて、別の会社で10万円借りたいという申し出があった場合、これくらいなら充分返してもらえるだろう、とみなしてもらえるわけです。

 

こうした返済記録はクレジットヒストリーといい、それを点数化したものをクレジットスコアといいます。借り入れの金額と、クレジットスコアを比較して、クレジットスコアが上回っていれば借り入れが可能、ということです。

 

ただ、借り入れはないほうがいい

もちろん、他社に借り入れがある人はない人に劣ります。また、他の会社に借り入れをしたい人は、ちょっと現状に問題がある人が多く、借りたいと申し出た時点で、審査に入ってもかなり警戒されます。

 

借り入れがあったとしても必ずマイナスではないのですが、それを上回る状況を作り出せていない人は審査に悪影響です。

 

そもそも、総量規制というルールに引っかかっているからということも

返済状況以前に、借りようとしても借りられないこともあります。総量規制という規則で、これは年収の3分の1以内しか借りられない、という決まりです。

 

これがなかった時代に、貸そう貸そうという金融会社の思惑に見事引っかかって多重債務者に陥った人が多かったために作られた枠です。ですから、他社での借り入れがある場合、新しい希望額と合わせて、この総量規制を超えていることがあるのです。そうなると、クレジットスコアがどうという話ではなく、もう借りられないのです。

 

でも、住宅ローンがあって、という人は?

こうなると、住宅ローンがあるからもうこれ以上は借りられないのだな、と考えるでしょう。しかし冷静に考えてみるとわかるのは、住宅ローンは年収を超えているのが普通です。

 

住宅ローン、自動車ローンといったものは、いわゆる消費者金融で借りるようなお金とは別枠として考えられるので、これ以外にも、年収を超えて当たり前というようなものは、総量規制と別で考えて良いでしょう。

 

いま借りている金額だけでなく、どこに借りているかも重要

どんなところに借りるかによって、金利も違いますし、また金融会社の経営状況も変わってきます。

 

大手の消費者金融などは、おおよそ金利が一定の範囲に収まっていることが多いです。そこから外れて、法律ギリギリの上限金利で貸しているような金融会社の場合、ちょっと警戒されます。なぜかといえば、誰だってお金を借りるのなら低金利で借りたいからです。また、消費者金融であってもある程度低金利です。なのに高金利で借りているということは…、と勘ぐられても仕方ありません。

 

高金利で貸す業者というのは、より顧客の幅を広げなくてはならない中小の業者ということが多く、そのため、他の会社では審査に通りにくくなった人がくる場合が多いのです。ですから高金利で借りている人は、他の業者に借りられない理由を持ったわけありの人、とみなされやすいのです。

 

すでに借りている人でも、件数が少ないほうがいい

もう借り入れがあっても、件数で審査の通りやすさが変わることはあります。たとえば100万円を、4社から借りている人と、1社から借りている人がいたとします。通常、お金を貸す業者は、たくさんのお金を貸すとリスクが高いので審査を通しにくく、また少額なら返してもらいやすいので審査を通しやすくなります。ですから1社から100万円借りるほうが難しく、その時点で一定の信頼を勝ちとった消費者だといえます。

 

また、借入額が少ない場合、金利は上限に近づく傾向があります。つまり、同額を借りている同じ人でも、毎月支払っている金利は、確実にたくさんの会社から借りている人の方が多く払っています。返済能力が同じであったら、より、たくさんの会社から借りている人の方が返しにくく、こうしたことから件数を抑えている人の方が優遇されます。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日